クリーンな茶づくり実践工場として心掛けていることクリーンなかごしま茶づくり対策

趣旨

 クリーンなかごしま茶づくり運動は、安全・安心な茶づくりの運動として、平成5年にスタートし、消費者に安全と安心、信頼を与えるため、鹿児島県茶業関係者全体で取り組んでいる運動です。

経緯

クリーンなかごしま茶づくりイメージ

 クリーンなかごしま茶づくり運動は、お茶が食品であることを認識し、異物はもちろん、残留農薬のない安全・安心な茶づくりの運動で、お茶の生産から加工・販売にいたる全ての関係者が取り組む運動として、平成5年に全国で初めてスタートしました。

 その後、茶生産への過剰な施肥が環境に及ぼす悪影響を防ぐ取組みや、産地表示を含む適正な表示、生産加工の履歴の記録と開示、かごしま茶基礎GAPの策定やK-GAP など第三者認証の取得推進など、多様な幅広い取組みを含みながら運動の幅を広げてきました。

 また、生産履歴の開示システムについては、履歴の記録と開示が定着化し、より迅速な開示と事務処理の合理化を図るために、履歴開示をデジタル化しています。

 

クリーンなかごしま茶づくり運動関連事項の経緯

平成5年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動(第1期対策)スタート
平成7年4月 シンボルマーク商標登録
平成8年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動第2期対策
平成11年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動第3期対策
平成14年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動第4期対策
平成15年3月 かごしま茶の安全・安心・信頼システム(生産履歴の記帳と開示)スタート
平成16年9月 JAS法による産地表示制度スタート
平成17年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動第5期対策
平成18年5月 ポジティブリスト制度スタート
平成20年3月 かごしま茶基礎GAP策定
クリーンなかごしま茶づくり運動第6期対策
平成20年4月 K-GAPスタート
平成23年3月 クリーンなかごしま茶づくり運動第7期対策
生産履歴開示のデジタル化スタート

推進体制

 本運動は、県茶業界全体の事業として取り組むこととし、公益社団法人鹿児島県茶業会議所を推進本部とし、一般社団法人鹿児島県茶生産協会、鹿児島県経済農業協同組合連合会、鹿児島県茶商業協同組合を実践本部としています。

 また、県段階では県及び指導研究会、地区段階では茶業振興会、市町村、農協等関係機関が、それぞれの段階で連携をとりながら進めています。

このページのTOPへ